全ての人々に伝えたい。
障害も鬱も「自分というパズルのピース」を知るための天からのギフト
私は全ての人々が充実した人生を送るためのガイド役として
みんなの太陽として、行動し続けます
>> 詳しくはこちら

カラーセラピー 日々の日常

占いを信じる信じないも自分次第。全ての答えは自分の中にあります。

奉子です。先週の仕事が超ハードでして、さすがの私も「緊張性頭痛&吐き気」「食べ物の美味しさちょっと感じにくい」ところまで来ていたので、

この4日感、意識的にセルフカラーセラピーをすることから離れてみました。

セルフカラーセラピーは自分の心の状態を客観的に色で見るものですが、気持ち(魂)の依代は身体であり、そこが体感で頭痛&吐き気、エネルギー源である食べ物の美味しさを感じにくいというところまで来ている時点で、これ「考えることも休めないと無理だわ」と自分で思ったからです。

実はその中で、満月が1/29だったため、私のカラーセラピーの先生が公式LINEで配信してくる「2週間の月の波動の色&自分で選んだ色(サブカラー)自分がこれを意識すると波動が上がるよ」の配信があったのです。

まあこれを見るとわかるように、1月29日から2週間は黃色のエネルギー、しかも「揺さぶられてはいけないのではく、輝くことを休んではいけないのです」ときた。

ええ?何それとなっていたときに、今日のメインのオンライ講座で仲間が「気持ちが時にはブレでもいいから、いつもの自分に戻れば良いんだってことがわかった」と発言していて、

「す、すごいな。私が輝き続けられるものは何か考えないとな」と思っていました。

 

ちまみに、このムーンカラーエネルギーに対しての私が選んだサブカラーメッセージが「パープル」でした。

そのメッセージが「占いをしてみましょう。その内容が当たっているかどうかが大切なのではなく、感じたこと、それが全てです」とありました。

実はこれ読んだときに大笑いしたのです。

この私の先生にはまだ話していなかったけど、本日カラー仲間が最近取得した「誕生花セラピー」受けるのわかってたから(笑)

 

誕生日花セラピー、ちらっと内容お見せします

誕生日花セラピー

 

誕生花セラピー」の存在は、私のこのカラーの先生が認定講師さんからやってもらったというので、SNSに書いてて、それを見たカラー仲間が、今度はその人から「入門アドバイザー認定講座」を受講したという話があり、

私は大本の「誕生日花セラピー」認定講師「うめこ」さんとも、別のカラーセラピー仲間のつながりで、直でご縁ができました。

一挙にご縁ができたので、これは、私に誕生日花セラピー受けたら?のサインだなと感じた私は、

 

今回はさらっと誕生日花セラピーってどんなんかなってのが知りたかったのがあったため、縁が先にあった誕生日セラピー入門アドバイザー認定されたばかりの、シンデレラカラー仲間でもある「かおりん」から誕生日花セラピーを受けることにしました。

私もカラーセラピスト修行中の身なので、最初セラピストになってくれる人が多い方が、経験値上がって自分自身が嬉しいのもあり、そういうかおりんのお手伝いもしたい思いからそうしました。

うめこさんは数秘術のプロなので、今度何かの時にそっちで深掘りしてもらおうかなあって思っております。

誕生日花セラピーカウンセリングシート

誕生花セラピーは、「数秘術・花・心理学」を融合させたもので、数秘術のイメージをわかりやすく12種類の「花」に例えているそうです。

こちら上記のセラピーカードは私のものの1ページ目をスクショ撮ったやつなのですが、これだと私と同じ運命数「4」の人は「どこかで聞いたことがあるかも」なのですが

ここにわざと載せていない2ページ目、花の成長段階に合わせて、「発芽」「蕾」は顕在意識 「種」「根」は潜在意識とあり、

 

『[発芽]表に出やすいアピールポイント』 『[蕾]苦⼿分野・開花ポイント』 『[根]いざという時に出やすい性質』 『[種]魂が本当に求めていること』

というのがあり、これが生年月日まで掘り下げた数秘術の話をお花に例えて、ものすごく優しく書かれていて、「そういうところあるかもな」って受け入れられやすいです。

ちなみに私は、蕾、根、種が同じ花で「椿」でした。

 

椿は「人の役に立つ」ことを喜びと考えているようで、確かに私は特に「自分は誰かの役に立ってない」と実感すると、結構きついので、そこは、今まで自分で気づいていなかった点でした。

家事が苦手すぎる私は夫に「お前は家事は待っていてもいつまでもしないし、役に立たないから、俺がやる。」って言われたときは、結構落ち込みました。

自分が役に立っていると実感できる喜びからすると、今の私の職場は「私のできることは最大限に発揮し、できないことは得意な人に任せ、誰かの苦手を私が担っている」のを実感できるので、全く職場に対する苦痛がないんでしょうね。

 

実はこの↑のセラピーシートに「事務系の仕事をきっちりこなす」と書いてありますが、私は「しゃべること」が好きで、書類はそこまで好きではありません。

それでも、今の仕事は人とコミュニケーションを取る&書類もさばくなので、最初から上手くできるように、書類の書き方をわかるように説明したりするのは得意です。

カラーセラピーとかやっている時点で、目に見えないものも含めて信じておりますが、結局それも含めて、誰かに言われたからという視点ではなく、自分のことは自分で舵を切る。

見えるものも見えないものも含めて全部味方に付け、現実を作っているだけだと自分では思っています。

 

占いを信じるも信じないも自分の選択。結果の内容に心揺らいで左右される人は自分軸を作ろう

私

一般的な雑誌に載っている星占いとか、タロットとか、この誕生花セラピーとかも含めて、色々ありますが、そこで自分の生活の中にある引っかかりの中で、解決する気づきを得るためのアイテムのひとつです。

占いの結果によって「私はこうだから、何もしなくても上手くいく」とか逆に自分に起こった都合の悪いことを、「占いでこう言ってからだー」と、基本自分で考えずに過ごすような人がおりますが、それは本末転倒です。

いろんな占いがありますが、一部の「これを買ったら幸せになります」系のものを除き、それで商売している人は、自分で勉強して、自分のものに落とし込んで人にもやっているはずです。

 

当たっているなあと思うことも、そのときはピンと来なくて、当たっていないなあと思うことも色々あると思いますが、私は、普段から「そんなこと言われたこともあったなあ」ぐらいになんとなくとどめていくことにしています。

あまり思い込みすぎず、意見としておいておくみたいなイメージです。

 

実は、うつの最中に、ちょっとスピ系の魂の声が聞ける人に、見てもらったことがあるのですが、そのときその方は私に「鬱になっているのも魂の意志でもあるし、その理由は私自身がわかるときが来るから答えは言わないように言っています。ただ、絶対に日日薬で自分でわかるときが来る」と言われたんです。

それを聞いて、「いつになったら鬱が治るんかなあ、どうしよう」って焦るのやめて、「そのうちわかるんかぁー。ちょっとずつ楽にはなってるしまあいいか」って思うようにしたんです。

まさかまさか、そのセッション受けて、3週間以内に自分がある日いきなり、鬱が抜けるなんて想像もしていませんでしたが(笑)

 

私はうつ病を経験し、それを抜けてから、今まで以上に出来事が色々繋がって、自分のこういう学びのために起きたんだとわかるようになりました。

いろんな占いやカラーセラピーは、自分の役に立つこともあるかもなあって思っていただき、気が向いたらたまには受けてみると、自分が思っていなかった発見に気づけるのではないかなあって思います。

 

最後になりましたが、興味のある方は誕生花セラピー受けてみて下さいね。

私がやっているカラーセラピーは常にモニター募集中ですので、お気軽にお声がけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-カラーセラピー, 日々の日常

© 2021 Vielife