全ての人々に伝えたい。
障害も鬱も「自分というパズルのピース」を知るための天からのギフト
私は全ての人々が充実した人生を送るためのガイド役として
みんなの太陽として、行動し続けます
>> 詳しくはこちら

カラーセラピー 日々の日常

本日の目に入った色2色。その気づきと課題とは?

奉子です。本日も、朝またギリギリだったのもあり、カラーセラピーボトルを引いたわけではないのですが、家の中で最初に目に付いた色がピンクでした。

イメージ的にカラーセラピーボトルの写真を付けます。

カラーセラピーボトルピンク

それで、昨日と同様、家にあったピンクのセーターを上に来たのですが、ちょっと青みが入ったピンクでイメージではなかったため、ピンクサファイアのネックレスを持っていたので、コレの方が近いかなあと思って、それで出勤しました。

仕事が始まってからもそんなピンクを連想するような出来事は起きず、昼休みがやってきます。

昼休みに昼食を食べているときに突然衝動が走ります。

「スタバ行きたい!」

スタバにピンクに関する食べたいものがあるのか?と思いつつ、スタバに行くと↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

奉子(ともこ)(@vielife.tk)がシェアした投稿

これは食べる前に撮影して投稿したのですが、こちらのお味がですね~

「もう、めっちゃ美味しいやん!」でした。もちろんブラックコーヒーと一緒に食べてますので、甘さは良い感じに中和されて、至福のひとときでござました。

これを食べたから、今日は午後に好きではないし事をメインでやったのですが、なんとかなったといっても過言ではないです。

本日の目についた色から学ぶ気づきとは

道

ピンク&ダーク 今日の気づきは何なのかなあと思っておりましたら、家直前でふと

「足元を気をつけて。地に足着けて」という言葉が浮かびました。

これこそが、カラーで言うと基礎、木の幹の色ダークです。今日スタバで出会ったチョコレートドーナツの色でございます。

 

このメッセージには、昨日の赤の気づきから、「調子が戻ってきているからこそ、調子に乗りすぎるな!」という戒めの意味があると感じました。

まあ知っているは知っていますが、私は最近調子に乗りすぎると骨折するというループにはまりやすいですので、そこは気をつけなさい。ってことに他ありません(苦笑)

私は昨日から、カラーの気づきを投稿し合うグループLINEに入れてもらったのですが、そこである方が「赤とダークの共通点 グラウンディング」とおっしゃっていました。

 

そしてピンクは。。

 

家事

たぶん。家事を現在100%夫に依存している事への「申し訳なさ」と「さてどうやって夫にこれを返そうか」と悩んでいる状態。

 

夫の中では、「待っていてもいつやるかわからんし、自分がやった方が早いし効率的」と思っている反面、「俺は家政婦なのか、何の感謝もされないでむなしい。何か返してくれ」と思っているはずです。

私はもともと家事は嫌いなもののため、結婚してすぐは「夫のために家事を頑張ろう」と思い一生懸命やっていました。

しかし、あれから13年が過ぎ、体力も気力も全然違うので、「嫌いな家事は自分の余力があるときはやろう」という考えにシフトしてしまっていて、今は気力体力に余裕が無いから、能動的に動くところまで言っていないのです。

 

自分勝手な思考なのは十分承知しており、夫もこのいつ私が動くかが読めないので、「もう自分がやった方が早い」となるし、夫に「いつやるの?」って聞かれても「何月何日ならする」という確定的な発言がいつもできなくて、イライラさせているのは承知しておりいます。

 

 

実はこの私の家事協力問題は、もう数年の課題なので、職場が一緒になった今、ますます解決しないといけない課題だなと思います。

いつもカラーセラピーでピンクをめったに引かない私は、きっとこれに向き合いたくないからなんだろうなあって、感じます。

ではまた

 

-カラーセラピー, 日々の日常

© 2021 Vielife