全ての人々に伝えたい。
障害も鬱も「自分というパズルのピース」を知るための天からのギフト
私は全ての人々が充実した人生を送るためのガイド役として
みんなの太陽として、行動し続けます
>> 詳しくはこちら

カラーセラピー 日々の日常

信念の書き換えとは、安全運転の私へチェンジ

 

新たな1歩

奉子です。このBlogを始めて丸4年経ち、5年目に突入したわけですが、まあこの2年近くは、ほぼ更新できなくなっておりました。

今思うと、このBlogを始めた4年前と今では、自分の今までの考え方では、自分に実際起こる事が対処できなくなってきて、最初に始めた頃の「負けない奉子」の意地張りスタンスではどうしようなくなってきたなってのが顕著に表れてきたなって思います。

つまり、これって簡単にいうと「信念の書き換え」を余儀なくされたというお話。

 

私は運良く今年受けていたオンライン講座「チャクラカラー女神塾」(近日2期生募集ページできます)で、かなり多くの自分のことを深く落とし込みをできたせいで、

このBlogを始めた頃の考え方では、「もうこれ以上前には行けないな、骨折ばっかりしても、もうしんどいし」というのがわかってきました。

何か変更したいなと思ったときに、たまたま夫からのレンタルサーバー変更の話が重なって、「えい!やっちゃえ」となったのが今です。

信念の波動は実は結構高い。書き換えるのはよほど大きな力がいる

信念

オンライン講座で習ったのですが、「思考」「感情」「信念」の順番で波動が上がっていくそうで、健康な状態であれば、まだ浅い信念等であれば、

「親しい仲間からの言葉」や「ふと」何かを思いついたり下りてきたりして、自分の方向性を変えることができるそうです。

しかし私のように、35年ぐらいの強いポリシーの変更が必要な場合、ケガや病気などで強制終了的なことが起こるようになっているそうで、私にとってそれが「うつ病」でした。

オンライン講座の黃色の回。私のweakpointだった。

太陽

私が受けているオンライン講座は、色のエネルギーからワーク等で自分自身のことを振り返り、今後の方向性を考える的な感じなのですが、自分のことをわりとわかっている私にとって、どのワークも決して苦痛ではなかったのに、黃色の回だけ大苦戦したのです。

き=「気」=「エネルギーそのもの」という意味なのですが、きは「自分自身のエネルギー源は何か」を探る回で、「き」の付く言葉で自分が聞いたらワクワクエネルギーになりそうな言葉を探すというワークがあったのです。

しかし、私はとにかく「どれを聞いても自分を否定してしまい、イヤイヤ私そんなんちゃうし」となってもう、ワークが進まない進まない。

 

ちなみに黃色は「他人と自分の違いを認識するための色」でもあり、黃色=「わたし、自分らしく輝く」を意味するので、黃色の会でとっても引っかかった私は「自分が輝くなんてむず痒い」と思っていたいうわけです。

黃色は太陽を表わす色ですが、物事には陰と陽両方あるので、人間全員誰にでも両方の気質があるということを深く認識する必要がある。

周りから「奉ちゃんといると明るくて元気になる」と言われていることを、いい加減に自分でありがたく認めて、意地張らずにもっと素直に生きようと心に決めたのが今です。

いつも突っ走っていた自分ではなく、安全運転でゆっくりと成長したい

私の4本リーディング

この写真は私がTCカラーセラピスト講座を受講したときの、4本引き自分が選んだカラーボトルです。

この4本引きのTCカラーセラピーは、「過去」「現在」「未来」という感じで2本ずつセットで意味を読み解くのですが、最終的に今の自分の一番の大きな気づきはこれだと選んだ色のが、一番右のボトル。色は「ライム」です。

ライムは、「スタート」とか「若葉」とか「新芽」とかの意味があるのですが、42年ぐらいの自分の信念を書き換えて、今までの私の性格「エンジン全開の赤い車」ではなく、小さな新芽から安全運転しながら、ゆっくり新しい時代の波に乗って、成長していく自分でありたいなと思っています。

 

実は2020年が私にとって「バランス」がテーマだったというのもわかっています。

物事には必ず陰と陽両方が存在します。どちらが良くてどちらが悪いというのはないので、私は今年から客観的に自分がどちらの側に今自分が寄っているかを理解して、常に中庸でいれるようにいたいなあと思います。

中庸でいるということを認識できることが、安全運転に繋がると思うのでね。

皆様、いつもありがとうございます。応援して下さいね。また暴走しそうになったら注意してやって下さい。

-カラーセラピー, 日々の日常

© 2021 Vielife